【ちょっと閲覧注意かも…】懐かしのモンスター映画!

私のプロフィールにも書いている、好きな映画の一つに、『ザ・グリード』というものがあります。

1998年に公開された映画ですが、勿論映画館で観たわけではありません。

どこで観たのか?!

そう!金曜ロードショー!!!

記事のタイトルにモンスター映画とありますが、『ザ・グリード』はパニックモンスター映画で、なかなかにエグいシーンが沢山出てきます。

今のご時世では放送するのが困難ですが、少し以前の金曜ロードショーはかなり攻めていたので、私は何度もこの映画を観ました。

初めて観たのは、小学校低学年くらいでしたね(笑)

ビビってましたが、普通に観ていました!

ストーリーは単純明快で、「豪華客船でパーティーしてたら、なんか知らんモンスターに襲われて、乗ってた人全員お亡くなりになって、そこに偶然通りがかった軍人(?)がモンスターと死闘を繰り広げる」という感じなので、ある意味全年齢向けです!!←明らかに違うッ

色々と印象に残るシーンがあるので、紹介していきましょうか!←需要ないだろッ

ここから先は、表現がエグい部分もあるので、閲覧には気をつけてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • トイレの便器に吸い込まれる人

『ザ・グリード』の代名詞的なシーンです。冒頭、豪華客船にモンスターが現れて、船内はパニックになります。トイレは安全だろうと、一人の女性が逃げ込みました。しかし、安全なわけもなく、トイレの下水管からモンスターは攻めてきました。女性は便器に座っていましたが、便器の中から触手で引き込まれそうになります。女性は必死に抵抗しましたが、なす術なく、全身ごと便器の中に吸い込まれたのでした。

これを観て、「え?どういうこと?便器の中に人は入れるの?下水管通っていったの?怖っ!体、どうなっちゃったの?いや〜、怖すぎっ!」と思って、しばらく考えていた時期がありました。

  • モンスターの体内から出てきた男

豪華客船内は地獄と化し、人々は残念なことになります。その後、軍人(?)が荒れ果てた船を見つけ、侵入します。その人たちも、一人…また一人と、モンスターに襲われ、食べられてしまいます。モンスターから全力で逃げ回る中で、銃器で反撃します。その時、モンスターの体が破れ、先ほど食べられた内の一人が落ちてきました。その男は、全身がモンスターの消化液で溶かされ、皮は全て剥げていたのです。まだ生きていたようですが、すぐに場面が切り替わり、男は登場しなくなります。もう、手遅れだったんでしょうね…。

このシーンが一番エグかったかも。男が落ちてきた時、立った状態で着地したのは驚きました。モンスターに食べられるシーンも恐怖でしたが、「食べられた後、こうなってるのか…」という更なる恐怖を感じました。

  • モンスターだらけの島

船内でモンスターから逃げ、命からがら主人公とヒロインが生き残ります。もう一人面白キャラもいますが、ラストのシーンで、3人はとある島に漂着します。そこの森の奥では、何やら巨大モンスターが蔓延っていそうな雰囲気が…。気になる感じで、映画終了〜。

これには、めっちゃワクワクさせられました〜!!「他にも、あんな凶悪なモンスターがいるのかぁ!それも沢山!もっと見たいよ〜!!」と思いました☆

続編やってほしいなぁ〜と思いながら、頭の中でイメージしまくっていましたが、結局続編はないまま…。しかも、『ザ・グリード』のDVDやBlu-rayは、日本ではもう発売しておらず、マニアなファンの間で高値で取り引きされているらしいです。私も、一部の物好きなファンということで、いつかAmazonプライムで配信されることを願っています!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました