【健常者の方に読んでほしい】障害を抱えている人は、皆んな同じではないです

自分は大人なのに、子供に接するかのように話しかけられる…

話す時に、自分の方を見ないで、親や介助者に向かって話している…

こういった経験は、身体障がい者あるあるだと思います。

あるあるとは言いつつも、実際に経験すると、かなりショックを受けます。

対等な一人の大人として扱ってほしいと、心から思います。

なぜ、こんな接し方をしてくる人がいるのでしょうか。

私の考えですが、身体障がいを抱えて、車椅子を利用している方の中には、知的障がいを抱える方もいらっしゃいます。

そうした方には、言い方は悪いのですが、精神的に、年齢より下の言動や行動をされる方もいます。

勿論、その部分は、その方の個性なので、暖かく見守ってあげるべきです。

ただ、健常者の皆さんに勘違いしてほしくないのは、身体障がいを抱えた車椅子ユーザーの全てが、知的障がいを抱える方と同じではないということです。

私のように、精神的に、健常者の方と変わらない人もいます。

車椅子に乗っている=知的障がいを抱えている、と最初から決めつけてはいけないのです。

実際に会話してみるまで、相手のことは分からないものです。

健常者の方も、それぞれ個性があって、優しい人、怖い人、天然な人、様々な人がいますよね。

でも、初対面の場合、どんな人かなんて、見た目だけでは判断できません。

初めから、「この人は、きっと○○な人だから、こういう風に接しよう」とか、「今まで会ったことのある、○○な人と全く同じように接すればいいか」と考えることはないと思います。

同じような個性をもっていても、全く同じ人なんてこの世にはいないからです。

健常者の方同士では、それは当たり前なことです。

でも、なぜか、障がい者を前にすると、その当たり前のことが頭から抜けてしまうようです。

きっと、それこそが、偏見なのでしょうね。

その偏見をなくす為に、私はこうしてブログを書いているわけです。

身体障がい者を支援するヘルパーさんの中にも、偏見をもっている方はいます。

様々な利用者さんと接すると、どうしても、「この人には、こういう接し方をしなければならない」と考えてしまうのかもしれません。

私は、「ヘルパーさんでも、偏見があるのかぁ」とガッカリした記憶があります。

だから、私は健常者の皆さんに言いたいのです。

話してみないと、どんな人かは分からないのですから、話してみて、その人のことを理解してから、どんな風に接するかを考えるべきです。

具体的には、全ての身体障がい者に対して、最初から健常者に対するのと同じように話しかけ、その後で、対応の仕方を変える必要があったら、変えればいいですし、そのままで良かったら、そのままで対応していったらいいと思います。

すぐに実践するのは難しいと思いますが、この接し方をしてもらえたら、「この人、分かってくれてる!」と、障がい当事者さんはとても嬉しい気持ちになりますよ。

なので、是非、心掛けてみてくださいね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました